プロフィール

キャッピー母

Author:キャッピー母
大学生のアニ(長男)
脳腫瘍(頭蓋咽頭腫)による汎下垂体機能低下症のキャッピー
「オヤジのような母」の私
3人家族の日常だったり、愚痴だったり、ミーハー話だったり・・・イロイロです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

-------- --  --:--
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-02 Tue  01:20
じゅう カピエロ


公開二日目に映画「重力ピエロ」を観て来ました。

伊坂ワールドファンで 作中『春』ファンの友人と私は映画館までの車中
「春が岡田(将生)君だってのだけが心配」
「うん、なんか違うよね。知性が足りない?内に秘めたねじれを表現出来るのかな?」
「なんか岡田君は いい意味でスコーンとオバカな感じじゃない?小日向さんと加瀬君と渡り合えるのかな~」
「顔はキレイなんだけどね~」

と、言いたい放題で劇場入り。

観てからは、打って変わって 岡田君大絶賛!
「なんか良かったね~合ってた岡田君。意外だったな~」
「いくら綺麗だって鈴木(京香)さんに赤子の母役はちょっと無理だよね~、ベビーカー押してきた時『何のコスプレだよ!』って思ったモン」
「小日向さんのカツラさぁ~、もっとなかったのかね」
「あれ、全然 若返って見えないよね!」
と、言いたい放題ふたたび。
2人で「「でも、岡田君 良かったね~。いい俳優になるわ~」」
後部座席のキャピより
「お母さん達 行く時と言ってること全然違うね」と軽いツッコミ。
だって、観てみないと分かんないもんだよ!

その後は友人とキャピ 三人で酒盛り
もちろん!キャピはソフトドリンクでお付き合い。

家族の成り立ちを訴えた映画です。
テーマは重いですよね。
「本当に深刻な事は陽気に伝えるべきなんだよ」が、キー・センテンス。
映画を観た後、原作も読んで欲しい作品です。
小説の映画化って、う~ん・・・と思う事も多いですが、どちらも逸品です。

今年の映画会は
・K-20
・レボリューリョナリー・ロード
・カフーを待ちわびて


K-20 は面白くなくはないけど、金城君は美しくなかった。

レボリューショナリー・ロードは 自我のキツイ夫婦のお話。

カフーを待ちわびて は南国に憧れる北国の人間にはたまらない映画でした。
カフー、アラシミソーリ(幸せでありますように)
沖縄のおばあって なんて可愛いのかな~。
映画だからですか?


さて友人にも指摘されましたが

私、ずっと「重力(じゅうりょく)ピエロ」というタイトルを
「重(じゅう)カピエロ(かぴえろ)」と思っていました。
本を店頭で買った時は映画化するずっと前で、未だに「じゅうりょくピエロ」じゃなくて
買った時に思い込んだタイトル「じゅうかぴえろ」から離れられません。
こういう事、あるよね?

http://hanatohatimitu.blog74.fc2.com/blog-entry-567.html
私の おとぼけぶり
スポンサーサイト

麻雀三昧の受験生 ≪    HOME    ≫ エストラーナ 開始より6ヶ月

Comment

    
    管理者にだけ表示を許可する

麻雀三昧の受験生 ≪        ≫ エストラーナ 開始より6ヶ月


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<