プロフィール

キャッピー母

Author:キャッピー母
大学生のアニ(長男)
脳腫瘍(頭蓋咽頭腫)による汎下垂体機能低下症のキャッピー
「オヤジのような母」の私
3人家族の日常だったり、愚痴だったり、ミーハー話だったり・・・イロイロです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索



かめのように かたつむりのように ゆるゆると

-------- --  --:--
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-04-18 Wed  00:25
支えがあっての自宅看取り


私の母はホスピス病棟にいましたが、本人の自宅に帰りたいという希望で
週に3度の訪問看護と週一度の訪問診療を受けながら
最期までの2ヶ月強を自宅で過ごしました。

母にとっての最後のクリスマス、お正月、息子の誕生日、私の誕生日を自宅で一緒に過ごせました。

このクリニックの助けがなければ、自宅で看取るということは不可能だったでしょう。

このクリニックは何度も地元TVでも取り上げられています。
番組の中で「末期がん患者が自宅で最期を迎えるのは 2パーセント」とありました。
そのわずかな数字の中に入れたのは、本当に数奇なことだったのかもしれません。

看護師さんたちは本当に献身的に母を診てくださいました。
状態が悪くなると 私より先に泣いてくれました。
少し持ち直すと 一緒に喜んでくれました。

母のケアだけでなく、私たち家族の精神的なケアもしてくれました。
私たちの心に寄り添い、支えてくれました。

医師である 先生はたった一人ですべての事に対応していました。
時に感情的になる家族にも 冷静に真摯に向き合ってくださいました。
スーパードクターとして日の目をみる分野の医師ではないのだろうけれど、私たちにとっての
まさにオールマイティーのスーパードクターでした。

週に3度の訪問看護も、最期が近づくと 毎日来てくれて・・・。
本当に本当に心から感謝しています。


浪人中で最後の追い込みのときに、家がバタバタしていて力を発揮できなかった息子。
仕事をしている私の代わりに、私が眠れるよう夜の看護を引き受けてくれた娘。
東京から来て、リンパマッサージをしたり母に付きっきりだった弟。
いつも母の食べやすいものを作って持ってきてくれた叔母。
仕事が忙しい中も時間があれば来てくれた従妹。
みんなの支えもあって、母の最期をみんなで迎えました。

母の最期が近づいていると皆が感じ、ベッドのまわりで最初はみんなが号泣していたのだけれど
下の弟の発案で、いつもと同じように母のベッドを囲みみんなで乾杯しました。
母もスポンジでビールを口に含み「おいしい?」との問いかけに しっかりとうなずき
それから間もなく旅立っていきました。

病院では、きっとこんな最期を迎えられなかったでしょう。

一周忌も過ぎました。
この一年、私にとっても激動の時間でした。
姓も旧姓に戻しました。

両親がともに逝ってしまい『娘』というカテゴリーから卒業なのかな。
なかなか出来ないんだけど。
でも、無理に意識してするんじゃなく 自然体でいきます。
スポンサーサイト

2011-06-15 Wed  22:09
ご無沙汰です


ご無沙汰でしたが、久し振りにブログでも書いてみようかと思いました。

一つ前の記事を読んで、なんだか・・・・・なんだかとても懐かしくなりました。
この時にはなんとか無事に手術を乗り越えた母でしたが
今年 3月に病気も痛みも苦しみもない世界へと旅立って逝きました。

母は二度のキャンサーサバイバーであり、今で言うチャレンジドでもありましたが。
70年の人生のうち36年間は治療による後遺症や晩期障害との壮絶な戦いの日々でした。
そんな中でも、明るく弱音を吐かずいてくれたな~。

去年の5月に再々発。
それからは、あっという間だった。
三度目のサバイブはありませんでした。


思えば娘も10歳から戦っている。
病気の症状は二年前からだったのだから 8歳くらいから戦っているんだよね。
娘のこれからが辛くないよう、幸せであるよう 支えて 一緒に戦って行こう!





浪人していたアニは志望大学に不合格
まぁ、センター試験日も本試験の日も 家がゴタゴタしていたので
アニにとっては可愛そうなことしたな~。

滑り止めの大学に入学したら、学校に行く道で車にひかれた!
奇跡的に軽傷だった。

朝、歯を磨いてたら私の高級セラミック前歯が取れた

なんだよっっっ!
なんにもいいことないって ど~ゆ~ことっっっ!!!



ある朝、もうどーでもよくって事務所をホウキして「不貞寝してやる!」って布団かぶってたら
娘が「お母さん!仕事の時間!朝ごはん出来たよ~、起きなさい
あら?ちょっと幸せ

まぁ、アニの擦り傷も治ったし、私も保健適応の前歯入ったし。

日々を積み重ねて一週間にして
また積み重ねて 一ヶ月にして
またまた積み重ねて 一年にして

ゆるゆると 日々精進します!




2009-10-28 Wed  17:38
いったい何度目だい?の現実逃避


皆様、寒さも日に日に増す今日この頃、いかがお過ごしですか?

ウチのしゃちょ~が入院しまして、まぁ彼女はガンを二度経験し生還していますし
今回は、その二度の放射線治療の後遺症イロイロでのメンテ治療で命に別状はないし
そんなに心配はしていません。(なんて薄情な娘だろう)

がっっっ!!!

月末業務を私がひとりでやらねばならない!!!
これはキビシー!!!


いろいろと やる事がてんこ盛りある時に限って
普段放置しているのにブログを更新したり、普段やらないような事をするのが私。
そして作業をほっぽってPCでなにやってんの?の私。
そうです!私がやらなきゃいけないのは えくせるとか わーどとか とうけいひょうなんだ~。



だけどね!
私はハッキリ言って やれば出来る子です。
否!
私は やればすご~く出来るオバサンです。(虚言癖?)

こんなの おちゃのこさいさい。・・・・・・・・・・なはず。

あ~ぁ。
PCの前で眠ってしまって、起きたら「あら、不思議!」書類が全部出来上がっていました。
どこからか小さな妖精がたくさん出てきてやってくれたようです

なんて~事があるはずもなく・・・。

激励の差し入れ、大歓迎です。
お手伝いも うれしい!



2009-10-23 Fri  10:36
9月 回帰録


10月になりました 
もう下旬ですが・・・。

そういうことで9月の回帰録。

9月になって早々
アニのクラスで新型インフルエンザがついに勃発
一週間の学級閉鎖。
発症した一人はアニのお友達とか マジですか
ドキドキ ハラハラの一週間を過ごし、アニも発症せず事なきを得ました。

ななえママさんとユウタ君が検査入院で地元病院に来ていたのですが、アニの新型疑惑のため お見舞いを自主規制。
無事に潜伏期間を過ごしたので消灯間際の時間 ななえママとユウタ君に会いに行くことができました。



そして娘の誕生日
15歳になりました。

あっという間に15歳!という感触はなく
正直、とても長く感じてしまいます。

ただ事ではない!と親が感じる娘の不調を医師に訴え
9歳で脳腫瘍(頭蓋咽頭腫)と診断されるまでに2年がかかりました。
その間、医師に虐待を疑われたり「心療内科の分野でしか解決できない」と
娘の不調を一刀両断されたり。
この二年が一番長かったかな。

15歳となって 進路の事やこれから病気を抱えながら娘がどう生きていくのか。
そんな事を考え始めると、途方もなくこれからも長く険しい道のようで。

まぁ、本人がいたってポジティブで明るいのが私の救いです

スクールのお友達からもイロイロとプレゼントをもらって、
『オレが一番』とデカイ プリントの入ったTシャツとか
遠くに住む同じ病気の女の子からはカードとプレゼントが届き、本人もニコニコ にこっ

素敵な15歳を過ごしてね!

2009-09-21 Mon  14:48
すっかり 秋!


さて、私の住む北国では『残暑』なんて~のは全くなく すっかり  です。


あっめっと言う間に夏も終わり。

今更ですが『夏を振り返る会』を。

◎7月末は娘とふたり花火大会 キレイでした!

◎いっちゃんに誘われお互い娘を連れてでジャズコンサート
なんと『100年に一人の逸材 天才歌姫』
このディーバは娘達と同じ歳の15歳。
開演前、イベンターであるいっちゃんパパの計らいで娘二人は天才歌姫と楽屋でご対面。
なかなか戻ってこない娘達をよそに母二人は まずビールそしてワイン
二人は歌姫にプレゼントを渡し退場しようとするもスタッフに止められ
友人と盛り上がる歌姫(英語)とたいしたコミュニケーションも取れないのに開演直前まで軟禁されていて
プリプリむかむか

家の近所には商店街が三つもあって、それぞれに夏祭りが開催されます。
娘はフリースクールに行くようになって、同級生に会うのがイヤなのか
『お祭り娘』の異名を返上、全くお祭りに行く事はありませんでした。
今回、いつもお祭りに出店している知り合いの仕出し屋さんが「急に別の仕事が入って売り子さんが来られない」
と困っているので私は急遽売り子さんになる事に。
娘にも「裏方でいいから手伝ってよ~」とSOS。
流石!ご近所だけあって来るは来るは娘の同級生達!
でもね、みんな明るく暖かく声をかけてくれたの!
「きゃぴ!きゃぴだよね?おれの事覚えてる?」と、すっかりイケメンになったA君。
きゃぴ:「う~んと・・・覚えてません(何故か敬語)」
「まじ?ショック~」 ごめんね~(母 心の声)。
男の子がイッパイ「きゃぴ!久しぶり~!!!」ってニコニコしてくれて、うれしかった。
女の子も「きゃぴだ~!元気?やっぱきゃぴはなごむ~」
中にはしっかりメイクでプチ・アゲ嬢もいました

そりゃそうだ!
同級生にしたら デ・ジャ・ブだもん!
二年もしくは三年ぶりに会うんだけど、きゃぴはあの時とあんまり変わっていない

このことで自信がついたんだよね、ご近所お祭りにも復活!

◎『お祭り娘』を再襲名です


◎私の弟が東京から帰省して「水族館に行きたい!」とのリクエストで久しぶりに水族館へ
三人とも(私、弟、娘)初めて見る「セイウチ ショー」に大人二人 大・大・大感動
1.5トンの巨体からは想像できない愛嬌タップリの表情やしぐさ。
人でいっぱいのイルカショーとは違い 人もまばらで期待も薄かったのですが必見!!です。
帰りの車でセイウチ・ショーの素晴らしさと それに反する知名度 認知度 評価の低さを熱く語る二人。
呆れ気味の娘。


◎夏休みの最終週には娘のMRI検査。
今までは手術した大学病院で撮って、CDに焼いてもらって、それを持ってⅠ先生の転勤先病院に行くという三段構えだったのですが、めでたくⅠ先生の病院にも3ステラのMRIが導入!
一回の通院で済むようになりました。
娘の入院時に病棟担当医だったC先生もこの病院に転勤さてれいて、お世話になった先生たち二人にお会いできました。
Ⅰ先生がC先生に「ほらね~、きゃぴちゃんおっきくなったでしょ?」ってにっこり
C先生には3年ぶりだったので「いや~ほんと大きくなったね~ほのぼの

検査結果は「残存腫瘍に動きなし!」
「半年後にまたね!あっ、大学病院は6テスラのMRIになるんだよね~。どうする?」
先生、3テスラで充分です。
なにより一回の通院で済むのがいいです。




こんなところでしょうか。

さぁ! 
秋はどうしましょう!
食欲の秋?スポーツの秋?芸術の秋?

      


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<